イベント詳細

第106回企画展 萩原恭次郎生誕120年記念展/「詩とは?詩人とは?―大正詩壇展望―」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
期日 2019-10-05~2020-12-15
場所 群馬県立土屋文明記念文学館
カテゴリ
  • イベント詳細

    開催日時 2019-10-05~2020-12-15
    開催場所 群馬県立土屋文明記念文学館
    主催者 群馬県立土屋文明記念文学館
    問い合せ先 群馬県立土屋文明記念文学館
    問い合わせ先(電話) 027-373-7721
    Webサイト http://bungaku.pref.gunma.jp/
    バリアフリー対応 車椅子
    内容 大正時代を通じて詩壇の中心に在った民衆詩派に対抗するように、その末期、萩原恭次郎は『死刑宣告』によって既存の詩を否定、秩序の解体を叫びました。同時期、岩手在住の宮沢賢治は『春と修羅』を出版。本格的に詩作を始めた草野心平は詩誌『銅鑼』を創刊。詩への専心を決意する中原中也。それぞれにとっての'詩'とは?本展では、時代の変動に目を向けながら、大正詩壇の様相及び日本近代詩の変遷に迫ります。
ページ上部に移動