イベント詳細

色彩の画家 オットー・ネーベル展

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
期日 2018-04-28~2018-06-24
場所 京都文化博物館
種類
カテゴリ
  • イベント詳細

    開催日時 2018-04-28~2018-06-24
    開催場所 京都文化博物館
    料金・参加費など 有 一般 1,500円 ほか
    主催者 京都府 京都文化博物館 産経新聞社 関西テレビ放送
    問い合せ先 京都文化博物館
    問い合わせ先(電話) 075-222-0888
    Webサイト イベント情報
    バリアフリー対応 車椅子
    内容 スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)。1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、大いなる刺激を受けながら長きにわたる友情を育みました。とりわけネーベルの芸術にいちはやく理解を示したカンディンスキーの尽力により、ネーベルの作品はニューヨークのグッケンハイム財団に購入されるという栄誉を得ています。一方、1933年にヒトラーがドイツの首相に就任すると、ナチス政府により彼らの芸術は「退廃芸術」として弾圧、ネーベルとクレーはともにドイツを離れることを余儀なくされ、スイスのベルンに移り住みます。この地でクレーが1940年に亡くなるまで、2人はお互いの家を行き来しながら親しく交流を続けました。
     このたびベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得て開催される、日本初の回顧展となる本展では、建築、演劇、音楽、抽象、中東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなどネーベルが影響を受けた同時代の画家たちの作品も併せて紹介していくことで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫ります。バウハウス開校100 周年(2019 年)を前に、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介します。
ページ上部に移動