イベント詳細

歌絵巻 歌枕直美 歌と語りの一人舞台 平家物語より 第一部「熊野」‐東の国の歌姫‐ ・第二部「敦盛」‐音楽の貴公子‐

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
期日 2018-04-07~2018-04-09
場所 会場:京都生活工藝館T無名舎 京都市中京区新町通六角下ル六角町363京都市指定「景観重要建築物」、国指定登録有形文化財
種類
カテゴリ

    イベント詳細

    開催日時 2018-04-07~2018-04-09
    開催場所 会場:京都生活工藝館T無名舎 京都市中京区新町通六角下ル六角町363京都市指定「景観重要建築物」、国指定登録有形文化財
    料金・参加費など 一般3,800円(前売3,500円)、学生2,800円(前売2,500円)
    主催者 株式会社うたまくら.
    問い合せ先 株式会社うたまくら.
    問い合わせ先(電話) 06-6317-3873
    Webサイト イベント情報
    内容 歌枕直美 歌と語りの一人舞台 

    脚本・総監督:菅沼登
    音楽・出演:歌枕直美(うた・語り)

    歌絵巻 第一部 「熊野」‐東の国の歌姫‐
    (説明文) 鐘の音が人の心を動かす ― 武力によって権力の頂点に立った平清盛の嫡男・宗盛は、統治する遠江国から美貌の歌姫・熊野を呼び寄せ、自らのものにした。母が重病との知らせを受けた熊野が帰国を願い出ても、宗盛はそれを許さなかったが、熊野をつれて花見に出掛けた東山で、祇園精舎を想起させる鐘の音が、宗盛の心を動かした。

    歌絵巻 第二部 「敦盛」‐音楽の貴公子‐
    (説明文) 篳篥は別離の悲しみを伝える ― 平氏といえど傍流の出のため、立身出世より音楽の道を極めることを目指した敦盛であったが、時代はその夢を打ち砕き、一ノ谷の露と消えた。ところが敦盛との出会いが、敵将・熊谷の心を動かし、その人生を大きく変えた。例え短い人生であっても、その想いが受け継がれて行く。
    備考 チケット販売・お問い合わせ先:うたまくら. 06-6317-3873 申し込み締め切り:2018年4月2日
ページ上部に移動