イベント詳細

千の葉の芸術祭

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
期日 2020-01-11~2020-09-13
場所 千葉市生涯学習センター
千葉市美術館
千葉公園
千葉市民ギャラリーいなげ
旧神谷伝兵衛稲毛別荘
千葉市ゆかりの家・いなげ
幕張メッセ
種類
カテゴリ

    イベント詳細

    開催日時 2020-01-11~2020-09-13
    開催場所 千葉市生涯学習センター(千葉県千葉市)
    千葉市美術館(千葉県千葉市)
    千葉公園(千葉県千葉市)
    千葉市民ギャラリーいなげ(千葉県千葉市)
    旧神谷伝兵衛稲毛別荘(千葉県千葉市)
    千葉市ゆかりの家・いなげ(千葉県千葉市)
    幕張メッセ(千葉県千葉市)
    主催者 千の葉の芸術祭実行委員会
    問い合せ先 千の葉の芸術祭実行委員会
    問い合わせ先(電話) 0432455961
    Webサイト イベント情報
    外国語対応 英語
    内容 東京2020大会に向けて、千葉市の魅力を広く発信することを目的としている。
    令和元年度に実施するプレイベントとして、令和2年1月11・12日に体験創造ワークショップ「ななめな学校4」と令和2年2月23日に最先端技術を使ったアートを学ぶ「ななめな学校METACITY関連ワークショップ」を開催。
    令和2年度は本イベント期間(4月~9月13日)として、「ななめな学校連続ワークショップ」を開催し映像制作等を学びながら作品を作り上げ、7月から9月にかけて、その作品を展示。令和2年7月26日~8月9日は県立幕張海浜公園の日本庭園「見浜園」にて、千葉市文化連盟による邦楽邦舞や茶道華道などの伝統文化の体験・鑑賞会を茶室にて日中2日間開催。また、夜は伝統文化である「茶の湯」の世界を表現する光のインスタレーション等の作品を7月26日~8月9日にかけて日本庭園で公開。8月22日~9月13日は、千葉市の魅力を撮り下ろした写真作品を市内各所で展示。7月~9月にかけて展開する作品発表や鑑賞体験会のチラシやガイドマップや作品紹介に英語表記を掲載。また、市の魅力ある資源である千葉市美術館の存在を広く発信するため、海浜幕張近隣を運行するバスと千葉都市モノレール車両に所蔵作品をデザインに活用した車体ラッピングを施す。開催場所となっている一部の会場には多目的トイレが設置されrるなど、障害を持った方に配慮した施設となっている。※作品の鑑賞は無料。「ななめな学校」は参加費徴収。見浜園の体験会の参加費の徴収予定。

    近くのイベントを検索

    場所で選ぶ
    カテゴリーで選ぶ
ページ上部に移動